ENFJのあるある5選!性格や相性いいタイプを徹底紹介! | 赤キノコのサイト

本サイトにはプロモーションが含まれる場合があります

ENFJのあるある5選!性格や相性いいタイプを徹底紹介!

ENFJのあるある〇選!性格や相性いいのタイプを徹底調査! MBTI

ENFJといえば、どのような特徴を思い浮かべますか?

主人公型のENFJは、思いやりがあり、リーダータイプといった印象がありますよね。

では、ENFJにはどんなあるあるがあるのか、気になりませんか?

そこで今回は、ENFJのあるあるを5選、厳選して見ていきたいと思います!

さらに、ENFJと相性がいいタイプ、悪いタイプもあわせて紹介します。

気になっている方は、ぜひ最後までご覧ください!

ENFJのあるある5選!

赤と白の背景とブロックに「MBTI」と書かれている

ENFJのあるあるは以下の通りです。

  • 社交的で温かみがある
  • 他人を助けることに喜びを感じる
  • 強い共感力を持つ
  • 情熱的なコミュニケーター
  • リーダーシップを発揮する

では早速見ていきましょう!

社交的で温かみがある

ENFJはその場の雰囲気を和やかにすることができ、新しい人との出会いでもすぐに打ち解けることができます。

その温かみと熱意によって、どの社会的な場でもすぐに人々に好かれる特性を持っています。

人々との交流を楽しむため、どんな社交的なシーンでも自然と中心になりやすいです。

他人を助けることに喜びを感じる

このタイプは、他人の問題を解決することに深い喜びを感じます。

ENFJは他人を支援し、助けることに大きな喜びを感じる人々です。

困っている人を放っておけないため、他人の問題に深く共感し、それを解決するために積極的に行動を起こします。

強い共感力を持つ

このタイプは、他人の感情や立場に深く共感する能力を持ち、それによって人々の信頼を得やすいです。

ENFJは人の気持ちを理解し、適切なアドバイスやサポートを提供することができます​。

情熱的なコミュニケーター

ENFJは非常に情熱的で、自分の考えや情報を明確に伝えることができるため、効果的なコミュニケーション能力を持っています。

話すこと、表現することを楽しむため、多くの人々を魅了し、影響を与えることができます​。

リーダーシップを発揮する

自然なカリスマと人々を導く力を持つENFJは、リーダーシップを発揮するのに適した性格を持っています。

権威よりも魅力を使って人々を引っ張り、集団やチームを効果的にまとめ上げることができます​​。

ENFJと相性のいいタイプは?

ベンチにあるハートに「相性」と書かれている

ENFJと相性のいいタイプは以下の通りです。

  • INFPとの深い理解
  • ESFJとの強い支援
  • ENFPとの共感性

では早速見ていきましょう!

INFPとの深い理解

INFPは、感情を共有し理解し合うことで知られています。

両者はお互いの感情や価値観に共感しやすく、そのため深い絆を築くことができます。

ただし、INFPは内向的な時間が必要なため、ENFJの活動的な性格が時に圧倒的に感じられることがあります​。

ESFJとの強い支援

ESFJとENFJは似た性格特性を持ち、お互いを支え、励まし合う関係が築けます。

両者ともに他人への配慮が深く、誠実なコミュニケーションを重視するため、信頼関係が深まりやすいです。

しかし、互いに十分な時間を確保することが時に課題となることもあります。

ENFPとの共感性

ENFPは、ENFJと同様に外向的で情熱的な性格を持っています。

二人が一緒にいるときは、常にエネルギッシュで楽しい雰囲気を作り出すことができます。

お互いの創造性を刺激し合い、新しいアイディアや活動にチャレンジすることを楽しむことができます。

ただし、ENFPがコミットメントに苦手意識を持つ場合があり、この点が関係にひびを入れる原因となることもあります​。

それぞれの関係の長所と短所を理解することで、より良い人間関係を築くための洞察を得ることができるでしょう!

ENFJと相性の悪いタイプは?

家があり、ハートが割れている

ENFJと相性の悪いタイプは以下の通りです。

  • ISTJとの価値観の違い
  • ESTJとの感情のずれ
  • INTPとのコミュニケーションの困難

では早速見ていきましょう!

ISTJとの価値観の違い

ISTJは、非常に実用的でシステマティックなアプローチを好むため、ENFJの感情的で人間関係を重視するスタイルとはしばしば衝突します。

ISTJは、事実と論理を重んじるのに対し、ENFJは感情や価値観に基づいて決断を下すことが多いです。

ISTJが計画性と詳細なデータに基づく対応を好むのに対して、ENFJは人々の感情や反応に敏感で、直感に従って行動します。

この基本的な違いが、お互いの価値観や期待にズレを生じさせる原因となります。

ESTJとの感情のずれ

ESTJは、その直接的でタスク指向な性格がENFJにとっては圧倒的に映ることがあります。

ENFJは、感情的なつながりを大切にするのに対して、ESTJは結果と効率を優先するため、互いの期待が一致しないことが多々あります。

ESTJが決断や行動を迅速に下すのに対し、ENFJはより多くの感情的なサポートや認識を求めます。

この違いが、両者間で摩擦を生じさせることがあります。

INTPとのコミュニケーションの困難

INTPは非常に理論的で、自分の考えや理論を内省的に深めることを好みます。

ENFJは外向的で、人との対話を通じて意見や感情を表現することを好むため、コミュニケーションスタイルに大きな違いがあります。

INTPが抽象的なアイデアや概念に興味を持つのに対し、ENFJは具体的な人間関係や感情的な結びつきに焦点を当てます。

そのため、しばしばお互いの意思疎通に誤解が生じやすいです。

これらの違いは、個々の関係の中でどのように対処されるかによって、関係の質が大きく左右されることになります。

相性の悪さを乗り越えて健全な関係を築くためには、お互いの違いを尊重し、適切なコミュニケーションと妥協が必要になります。

理解と適応が成功の鍵です!

ENFJのあるある5選まとめ

二葉とブロックに「まとめ」と書かれている

それではまとめです!

ENFJのあるある5選について調べてみましたが、いかがでしたか?

ENFJのあるあるは、

  • 社交的で温かみがある
  • 他人を助けることに喜びを感じる
  • 強い共感力を持つ
  • 情熱的なコミュニケーター
  • リーダーシップを発揮する

このような結果となりました!

タイプによって、このような特性のあるあるがあるのは興味深いですよね。

もちろん、これら全てが当てはまるとは限りません

ですが、自分自身を客観視するいい機会にはなるでしょう!

よかったら参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました