VAパネルは後悔する?IPSパネルとどっちがいいか徹底検証! | 赤キノコのサイト

VAパネルは後悔する?IPSパネルとどっちがいいか徹底検証!

VAパネル白っぽくて後悔する?IPSパネルとどっちがいい? ガジェット

vaパネルは、液晶ディスプレイ(LCD)の一種であり、特に高いコントラスト比と深い黒レベルが特徴です。

そんな特徴のvaパネルについて、ネットやSNSでは「vaパネルは白っぽくて、後悔した」と言う声が・・。

いったいなぜでしょうか?

そこで今回は、ディスプレイ選びで頭を悩ませている方に向けて、購入前に「vaパネルは後悔するのか?」と言う疑問を徹底検証していきます!

また、vaパネルとipsパネル、どっちいがいいのか?なども検証します。

VAパネルは後悔する?

白い背景に人形と後悔の文字

VAパネルを選んだ後に「後悔するかもしれない」とい言われている理由は主に以下の3つです。

  • 発色
  • コントラスト
  • 応答時間

詳しく見ていきましょう。

発色の違い

VAパネルは、発色が劣ると一般的に言われています。

特に、白色が白っぽく、色の鮮やかさに欠ける場合があります。

コントラスト比

VAパネルの一番の強みである高いコントラスト比ですが、これが逆に目に疲れをもたらすと言われています。

暗いシーンがさらに暗くなり、明るいシーンが過度に明るくなるため、長時間の使用には不向きかもしれません。

応答時間

ゲームをする場合、VAパネルは応答時間が遅いとされていますが、実際にはそれほど顕著な違いは感じられない場合もあります。

しかし、高速なアクションゲームでの使用の時は対応時間が遅いとも言われています。

結論として、VAパネルはその特性によっては後悔する可能性があります。

特に、発色やコントラスト比に敏感な人、または長時間の使用を考慮している人などは後悔するかもしれないと言われているようです。

VAパネルとIPSパネルはどちがいい?

VAパネルとIPSパネルのふきだし

VAパネルとIPSパネル、どっちがいいのでしょうか?

それぞれの用途によって選ぶのが一番です!

用途のや特性、それぞれの違いを調べてみました!

  • VAパネル
  • IPSパネル

詳しく見ていきましょう。

VAパネルの特性

Vaパネルの主な特性は以下の通りです。

  • 高いコントラスト比:白黒などの高いコントラスト比
  • 良好な色再現性:色の再現性が高く、自然な色合い。
  • 視野角:視野角はIPSパネルほど広くない。
  • 応答時間:応答時間が遅く、高速な動きのゲームやビデオには不向き。
  • 価格:一般的にIPSパネルよりも安価であり、コスパが良い
  • 映像鑑賞:良好な色再現性が必要な場合に適している。
  • ゲーム:応答時間がそれほど重要でないゲームには適している。
  • オフィス作業テキストや静止画の表示には十分な性能

IPSパネルの特性

ipsパネルの特性は以下の通りです。

  • 広い視野角:視野角が広く、画面を傾けても色やコントラストが変わらない
  • 高い色再現性:映像編集やグラフィックデザインなどに適している。
  • 応答時間vaパネルよりは早い
  • 価格:一般的にはVaパネルよりも高価。
  • 映像編集・グラフィックデザイン:色再現性が重要な作業に最適。
  • オフィス作業:多角度からの視認性が求められる場合に有用。
  • ゲーム:応答時間がそれほど重要でなく、美麗なグラフィック重視。

それぞれの違いがありましたね。

グラフィックをより楽しみたいのなら、ipsパネルを選んだ歩がよさそうですね!

しかし、価格が少し高いようなので、考えちゃいますね(;^ω^)

VAパネルにはいい評判も!

VAパネルにはいい評判や口コミも多く見られます!

ネットやSNSでの口コミを紹介します♪

  • 黒の表現がキレイ
  • コントラスト比が高い
  • 応答速度もそこそこ速い
  • 視野角も広い
  • 映画やゲームの臨場感が一気にアップした。
  • 応答速度もそこそこ速いから、ゲーム用途でも問題なく使える
  • FPSゲームでも遅延を感じなかった。
  • 斜めから見ても色の変化が少ない。
  • 複数人で同じモニターを見ても快適。

など、「快適!」と言うコメントも多かったです。

自分の用途にあえば、快適に使用できそうですね(^^♪

VAパネルは後悔するまとめ!

白い画面にVAパネルまとめと表示

今回は、VAパネルを購入したら後悔するのか?についてまとめてみました!

後悔するかもしれないと言われている理由は、

  • 発色
  • コントラスト
  • 応答時間

3点のポイントが重要であることがわかりました。

VAパネルとIPSパネル、それぞれには明確な用途とメリットがあります。

自分の使い道は何なのかや、価格なども含めて検討することが重要ですね♪

用途に応じて選ぶことで、後悔することは少なくなるでしょう(^^♪

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました