私の幸せな結婚の映画がひどい理由は?炎上と批判の理由がヤバい!

私の幸せな結婚映画がひどい理由は?? 映画

『私の幸せな結婚』の実写映画が炎上寸前と話題になっていますね!

SNS上では「ひどい」と批判の声が溢れかえっています。

確かに自分の好きな作品が実写化するなら、自分の描いた世界観を壊してほしくないと思ってしまいますよね。

では、映画『私の幸せな結婚』は本当にひどいのでしょうか…?

今回は皆さんの意見も参考にしつつ、独自の視点から探っていきたいと思います。

映画が気になっている方はぜひ最後まで見ていってくださいね♪

私の幸せな結婚の映画は内容がひどい!?

映画『私の幸せな結婚』の内容のどこがひどいのでしょうか?

原作と違う演出

まず原作の内容は、女性〈斎森美世〉のシンデレラ・ストーリーです。

しかし、映画では目黒蓮さんが主演となっている点です。

この時点で違和感を感じたファンが多かったみたいですね。

主役が、斎森美世ではなく、目黒さん演じる久堂清霞目線で話が進んでしまうということは見る側にとっては別の作品として捉えられかねないという批判があるようですよ。

結末は・・・?

実は『私の幸せな結婚』の原作は、まだ完結していないようです。

原作で完結していない話を映画で観ることに対して不安の声が多いとの声がありました。

読者は、続きが気になって新刊が発行されるのを心待ちにしてるものですよね。

それを文面ではなく、映像で観ることになるのか?

納得いかない結末にならないかと考えているようです。

実写化自体に無理があるのではないか?

このストーリーには、独自の世界観や、特殊な能力を使って魔物を倒すというファンタジーと恋愛の絶妙なバランス感が描かれているようです。

そのバランス感を壊すことなく描くこと自体に無理があるのではないかと考えているようですよ。

やはり原作ファンにとっては、実写版となると辛口になってしまうこともあるようですね。

私の幸せな結婚の映画がひどい!?みんなの声

やはり「上手く実写化されるか心配」という声が多いようですね。

小説のストーリーをそのまま映像化するのは難しいため、ストーリーを書き換えられてしまうのでは…と危惧する声もあるようです。

さらに、実写化でコケると原作にも影響が出てくるのでは?と不安に思っている人もいる様子。

たしかに、実写化が上手くいかなかったせいで原作の寿命も短くなってしまったら悲しいですよね…。

今作は主人公の美世ではなく、清霞(目黒蓮)にスポットライトが当てられているのも不安が煽られる一因なのでしょう。

また、私の幸せな結婚は小説ならではの良さもあり、あの儚さを実写で表現するのはかなり難しく、そういった点からも「実写化はひどいことになるんじゃないか」と言われているようです。

私の幸せな結婚の映画が炎上!キャストが批判の理由?

紙にwhy?と書いてある

実写化される作品に起こりうるキャスティング!

自分がイメージしていたものと違うという声もよく耳にしますね。

今回のキャストさんについて、みんなの声を登場人物ごとに調査してみましょう。

久堂清霞

久堂清霞は、全体的に色が薄くて、ほっそりした容姿とは違い、男性とは思えない儚い美しさがある人物のようですね。

それに対して目黒さんは、男みが強いイケメン!なので、違和感があるようです。

他にも、ケバいとか、コスプレをイメージするとの声がありました。

斎森美世

お嬢様として生まれたが、異能の才能を持たなかったため虐げられてきたために自分に自信を持てないという人物。

斎森を演じる今田美桜さんは、明るくパワフルなイメージの女性なので違う気がするとの声や美世に比べて、華やか美人過ぎるとの声もありましたよ。

二人とも実際の登場人物にそぐわないのではないかという声があげられているようですね。

その反面、映画を楽しみにしている声も数多くありました。

さすが、人気の役者さんですね!

私の幸せな結婚が実写化するなら理想のキャストは?

吹き出しの中にwho?とかかれている

もちろん、イメージに合ったキャストさんについての言及もありましたよ。

久堂清霞

  • 吉沢亮さん
  • 横浜流星さん
  • 京本大河さん

斎森美世

  • 清原果耶さん
  • 浜辺美波さん

みなさん、色々と思い描いているようですね。

もちろん、作り手の方の想いと受け取る側の想いが違うのは当然あることだと思います。

ですが、皆さんが真剣に作品を作り上げていると思うので、実際に観てみたら役者さん達の新たな一面が垣間見えて、想像していたよりもいい作品となっているのかもしれませんね。

私の幸せな結婚の映画がひどい!?まとめ

カチンコが置かれている

『私の幸せな結婚』はアニメ化が決定する際にもかなり賛否両論の声が集まっていましたね。

映画もかなり話題になっているので、今後は賛否両論が集まりそうです。

しかし、たとえ批判的な意見だったとしても注目が集まっている以上、高い評価を得るチャンスがあるとも言い換えられます。

ぜひ、これらの批難を払しょくするような出来栄えとなることを期待したいところですね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました