黄泉のツガイが打ち切りの理由は?パクリだけど面白いか調査! | 赤キノコのサイト

本サイトにはプロモーションが含まれる場合があります

黄泉のツガイが打ち切りの理由は?パクリだけど面白いか調査!

黄泉のツガイが打ち切りの理由は?パクリだけど面白いか調査! 漫画

2022年1月号より『月刊少年ガンガン』で連載開始した『黄泉のツガイ』!

『鋼の錬金術師』の作者、荒川弘先生の新連載です。

荒川弘先生が11年ぶりに『月刊少年ガンガン』に連載した、伝奇・アクション漫画です。

『黄泉のツガイ』が、「打ち切りになった?」、「面白い?」、「パクリじゃないか?」などの声があります。

ここでは、『黄泉のツガイ』が打ち切りになった理由と、パクリだけど面白いかを調査していきます。

黄泉のツガイが打ち切りの理由は?

ピンクの紙にキャンセルと書いている

『黄泉のツガイ』は、打ち切りになっていません。

現在も、『月刊少年ガンガン』で連載中です。

なぜ、「打ち切り」という言葉がでてきたのでしょう。

その理由は、以下の2つが要因だと考えられます

  • ストーリー展開が遅い
  • 「打ち切り」の検索連鎖

では、早速みていきましょう。

ストーリー展開が遅い

https://twitter.com/withsabamiso/status/1525305416204558336

『黄泉のツガイ』は、現時点で4巻まで発売されています。

連載序盤のストーリー展開が、遅かったようです。

また、月刊であることから、週刊の漫画と比べると展開が遅く感じてしまう読者がいたようです。

1巻を読んでも、主人公ユルが激しい戦いをする場面はありません。

テンポの良いストーリー展開を期待していた読者からすると、物足りない展開だったようです。

連載序盤がゆっくりとしたストーリー展開だったため、「打ち切り」という言葉がでてきたようです。

「打ち切り」の検索連鎖

ストーリー展開が遅いことで「打ち切り説」が浮上しました。

その「打ち切り説」を、読者がネットで調べることが増えていきました。

その結果、ネットで「打ち切り」という言葉が、検索上位にあがったようです。

また、『黄泉のツガイ』が人気がでてきて調べる人が増えたことも要因にあります。

単行本4巻が発売されストーリーが展開していく中で、「打ち切り」が検索上位にでてきて、驚いている読者もいました。

連載序盤に浮上した「打ち切り説」が、現在も尾を引いているようです。

黄泉のツガイがパクリな理由は?

二体の人形が乗った箱に類似と書いている

『黄泉のツガイ』は、「パクリ」ではありません。

「パクリ」と言われているのは、『黄泉のツガイ』が『鋼の錬金術師』に似ているからです。

両作品とも作者は、荒川弘先生です。

また、両作品ともに伝奇・アクション漫画です。

同じ作者でジャンルも同じ漫画なので、似ていると感じた読者がいたようです。

しかし、ストーリーは全く違います。

同じ作者のため、登場キャラクターが似ていることも、「パクリ」と言われる要因になったようです。

黄泉のツガイが面白いという声

『黄泉のツガイ』が「面白い」という声が多くあります。

「展開がわからなすぎて、面白い」、「マジで面白いわ」、「結構面白い」などと高評価を得ています。

序盤にストーリーがゆっくり進み、伏線を張ってからストーリー展開がされています。

そのため、読者は『黄泉のツガイ』に、どんどん引き込まれているようです。

荒川弘先生の『鋼の錬金術師』は、名作です。

アニメ化や実写映画化もされ、とても人気があります。

その作者が手掛ける漫画だけあって、面白いことは間違いなさそうですね。

黄泉のツガイが打ち切りの理由まとめ!

三体の人形が乗った箱にまとめと書いている

今回は、『黄泉のツガイ』が打ち切りの理由とパクリだけど面白いかを調査してきました。

いかがだったでしょうか?

『黄泉のツガイ』は、打ち切りになっていません。

「打ち切り」と言われた理由は、以下の2つが要因だと考えられます。

  • ストーリー展開が遅い
  • 「打ち切り」の検索連鎖

『鋼の錬金術師』のパクリと言われていましたが、同じ作者のため、キャラクターが似ていただけのようです。

ストーリーは、全く別の作品です。

とても人気のある作品です。

この機会に読まれてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました