スピーカーの壁掛けで穴開けない方法は?100均グッズでもできる!

スピーカーの壁掛けで穴開けない方法は?100均グッズでもできる! 生活

皆さんは「スピーカーを穴を開けないで壁掛けできる方法はないか?」と思ったことはありませんか?

お気に入りのスピーカーであれば、できれば壁掛けして、音が部屋中に響き渡るように使いたいですよね・・。

その悩みが、なんと100均グッズで解決できるようなんです!

一体どんな方法か、気になりますよね・・!

今回は、スピーカーの壁掛けで穴開けない方法は?おすすめの100均グッズも合わせてご紹介します!

スピーカーの壁掛けで穴開けない方法は?

黒い大きなスピーカーがある

そもそも、スピーカーを穴を開けないで壁掛けする手段には、一体何があるのでしょうか?

調べたところ、以下の方法があるようでした。

壁から吊り下げる

1つは、壁からスピーカーを吊り下げる方法です。

その中でも、吊り下げる方法には以下の2つがありました。

  • 壁に網目状のワイヤーネットとフックをつけ、スピーカーを吊り下げる
  • 壁に網目状のワイヤーネットとかごをつけ、スピーカーを入れる

いずれも最初は壁にワイヤーネットを取り付けて、そこにフックで吊り下げるか、かごをつけてスピーカーを中に入れるかという違いになります。

壁に穴を開けずに作れますが、耐久性が少し心配なので、どちらも小型のスピーカー向きといったところでしょうか。

壁に置き台をつける

もう1つは、壁にスピーカーを置く台をつける方法です。

台の材料には主に木材などを使用しますが、台を壁につける際は、壁用か強力な両面テープを用いてくっつけます。

この方法でも、壁に穴を開けずに作ることができますが、耐久性の問題や、台を外すときにテープの跡が残る場合もあり、あまり理想的ではないかもしれません。

スピーカーの壁掛けで穴開けない100均グッズは?

かばんとぼうしが壁にかかっている

スピーカーを穴を開けないで壁掛けする方法の中で、「壁から吊り下げる」タイプは、なんと100均グッズで作成可能です!

ここからはおすすめの100均グッズをご紹介します!

壁紙用フック

1つ目は「壁紙用フック」です!

このフックは、付属している接着剤をフックの裏に塗ることで、そのまま壁にフックをつけることができます!

最大で2kgまで吊り下げることが可能で、フックを外す時も壁から接着剤がキレイに剝がれるので、壁を傷つけることもない便利グッズです!

ワイヤーネット

2つ目は「ワイヤーネット」です!

網目状のワイヤーネットで、1つ目で紹介した壁紙用フックに掛けることによって、壁にさまざまな物を引っ掛けるスペースを作れます!

サイズも豊富で汎用性が高く、結束バンドを使えば複数のワイヤーネットを連結することもできるので、幅広く使うこともできます!

S字フック

3つ目は「ストッパー付で外れない!S字フック」です!

S字フックですが、商品名の通りストッパーがついているので、S字フックから物が滑り落ちてしまうのを防いでくれます!

このS字フックをワイヤーネットにつけ、スピーカーをS字フックに掛けることによって、スピーカーを壁掛けで使うことができます!

ひっかけカゴ

4つ目は「ひっかけかご」です!

このかごは、商品名の通りひっかける部分がついていて、ワイヤーネットにひっかけてその中にスピーカーを入れて使用できます!

個人的には、かごにスピーカーを入れるので、より耐久性がありそうだと思いました。

S字フックでスピーカーを吊るさないパターンとして良さそうですね!

スピーカーの壁掛けで穴開けない!まとめ

ペンと水色の紙の上にまとめと書かれた紙がある

今回は、スピーカーの壁掛けで穴開けない方法は?おすすめの100均グッズも合わせてご紹介しました!

スピーカーを穴を開けないで壁掛けする方法には、「壁から吊り下げる方法」と「壁に置き台をつける方法」の2つがありました。

その中でも、スピーカーを壁から吊り下げる方法は、全て100均グッズのみで作ることが出来るようです!

個人的には、S字フックにスピーカーを引っ掛けるより、かごにスピーカーを入れる方法が安定性がありそうな気がします!

特に、小型のスピーカーは試してみる価値はあると思います!

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました