大病院占拠はスパイが警察の中にいる!?怪しい人物を徹底調査!

「大病院占拠」警察がスパイ?怪しい人物とは!? 大病院占拠

2023年1月にスタートした櫻井翔さん主演のドラマ『大病院占拠』。

鬼の仮面を被った武装集団が病院を乗っ取り、たまたまそこに居合わせた神奈川県警の捜査官、武蔵三郎(櫻井翔)が立ち向かっていくという物語です。

鬼の正体も、かなり話題となっているようですが、実はまさかのスパイがいるという噂があるようです。

しかも、そのスパイがなんと警察の中に!?

とても気になりますよね。

今回は、『大病院占拠』のスパイが警察の中に果たして本当にいるのかどうか、さらに怪しい人物!?と噂されている登場人物を徹底調査していきます。

ぜひ、最後まで読んでくださいね♪

大病院占拠はスパイが警察の中にいる!?

パソコンの前に、銃を持った外国人がいる。

『大病院占拠』の黒幕、またはスパイが存在するのでは!?と今、かなり話題になっています。

そして、そのスパイがまさかの警察内部にいるかもしれません。

そんな噂がたった理由をいくつか紹介します。

その①

製作者側の立場からすると、サスペンスものの黒幕やスパイの存在は、視聴者にとってはかなり盛り上がるから。

そして、その正体が本来、被害者を守らなければならない存在である『警察』だったとしたら、より盛り上がりそうだからです。

こういったサスペンスを作る際、必ずと言っても過言ではないほど、黒幕やスパイが存在している気がします。

これらの存在があることで、物語をさらに盛り上げていくことができそうですよね。

さて、真相はどうでしょうか、、、

その②

病院の中に、前もって爆弾を仕掛けることができるのは、警察内部の協力があってこその行動ではないかと考えられるから。

大きな病院では、一般的には警備を雇っていて24時間巡回をしていることでしょう。

そのことから、患者や病院関係者が廊下や病室を行き来していて、一般の人が誰にも見られることなく、爆弾を色々な場所に仕掛けるというのは容易なことではないと思います。

ですが、警察が仕掛けるとなると、周りの目はどうでしょうか。

警察であれば、なんとでも言って違和感なく病院内を歩き回れそうですよね。

確かに、この理屈は納得できそうです。

驚きですよね!

大病院占拠はスパイが警察の中にいる!?他に怪しい人物は?

では次に、スパイが存在するとして、気になるその正体です。

ネットで話題となっている怪しい人物が何人かいるようですね。

  • 備前武(渡部篤郎)
  • 相模俊介(白洲迅)
  • 土佐大輔(笠原秀幸)
  • 佐渡稔(阪田マサノブ)

以上の人物です。

備前武は、捜査官に指揮を執っている県警トップということで、上層部ならではの強い力が働いている可能性があるかもしれません。

また、相模俊介も何気に怪しいようですね。

あとの人物は、警察ではありませんがネットでは怪しいのでは!?と話題になっているようです。

内部の協力者がいるとなれば、犯人にとって、事件をスムーズに行えることでしょう。

個人的には、やはり上部の力は強いと思うので、黒幕、スパイは警察のトップである備前武のような気がします。

ただ、これらは紛れもない憶測なので、本当のところは一体どうなのでしょうか。

果たして、真相はいかに、、、

大病院占拠はスパイが警察の中にいる!?まとめ

ブルーのスポットライトで「まとめ」の文字を照らしている。

今回は、大人気ドラマ『大病院占拠』のスパイが警察の中にいるのか!?をネットで話題になっている怪しい人物とともに調査してみました。

いかがでしたか?

鬼の正体も明らかになっていないのに、スパイがいるの!?とハラハラドキドキの物語になりそうですね。

サスペンスドラマならでは!のスパイ予想でした。

まだドラマは始まったばかりですが、これらの予想が当たるかどうか、今後のドラマ展開がとても気になるところです♪

まだ見ていない人も、まだまだ間に合いますので、これを機に見てみてはいかがでしょうか?

見始まると、ハマ(沼)ってしまうかもしれませんね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました